Akaboshiの水槽

縁日ですくった金魚を水槽で飼い始め一年経過しました。 金魚飼育初心者のブログ

Akaboshiの水槽について

このブログは縁日での金魚すくいから何気なく始まった金魚の飼育ブログでした。

 

初心者なので金魚の飼育については検索をして調べ、メジャーな病気についても調べて、対処の実施や環境づくりの試行錯誤をして、2年9ヶ月飼育出来た水槽でした。

 

結局は全ての金魚がいなくなってしまいましたが、、振り返ると何が原因だったのか。多分それはこまめに世話ができなくなってしまった生活が続いた結果だとおもいます。水槽にかける思いが薄れていたと。なんとかしたい気持ちがあったのに、観察で得た自信であったりが裏目に出てしまったような。家に水槽が、いつもそこにあるのが当たり前のような感覚になっていました。叶わぬ願いですがもう少しゆっくりと看取ってあげたかった。

 

水槽の皆がいなくなった今は、凄く寂しいです。

 

今後生き物を飼ううえで大切な事も、命の勉強になった事、とても多いです。なのでと言いますか、Akaboshiの水槽にいた金魚達に感謝を込めて、このブログを残します。もしも、また出合いがあったなら、細々と更新したいとの思いも芽生えていたりします。

その時は、二代目赤星、ダイソンを主要メンバーとする夢をみたりします。

 

こんな適当なブログでも(全滅の一途を辿る金魚ブログとなりましたが)金魚の病気についての記事は多少アクセスがあるようなので、念の為言いたいことをひっそりと。

 

金魚の調子が悪い時、対処と観察を繰り返した事は事実で、我がブログの対処は検索結果から得た知識と観察を経ていますのでほぼオリジナルな感じです。同じ事をしても効果はないかもしれません。

※飼育を経験してわかった事は、金魚が確かにワタクシ飼い主に教えてくれた事のように思います。なので多少有効な記事もあると思いたいです。

 

金魚はとても丈夫な生き物でしたが、金魚すくい等ですくってくる金魚はかなり小さい部類。まだまだ子供と思って間違いではないと思います。そこから長く飼育するには住処の立ち上げが必須。小さい金魚や弱った金魚への対処は体力と時間が全てだと感じます。

このブログがあった期間に私がわかったコツは、いかに金魚の体力を使わせずに回復にむかわせるか。です。

この事を中心に考えて対処を行うと飼育のコツが見える瞬間があるような、わかるような、そんな気がする。いや、これに尽きると思います。

(ホントのところ声をあげて言いたい事は、飼いはじめによくあるトラブル。小さく調子の悪い金魚には塩浴や薬浴も推奨したくない、体力温存のうえでは一長一短があると言いたい。効果が無いわけではないのですが、金魚に害のある濃度にしてしまった場合や、移動などによる水温変化でも確実に体力は使っていると思ったからです。でも、そこまで金魚に詳しくないので遠回し)閉じ

 

金魚飼育は数あるブログを参考にしても残念ながら駄目な時は絶対にあります。それでも、救える命は無いものかと発想し飼育した期間があったのがこのブログにある出来事です。白点、転覆は克服した後は再発なく飼育できました。汚れなど身体につく関連の菌については、投薬後は明らかに身体が綺麗になり、フラジールの効果は高かったと思います。(終盤の全滅前にも薬の効果は見られたのですが、フラジールが切れてしまった‥)

 

適当な文章でお目汚しの記事ばかりだと思いますが、なにかの対処で、どこかでひっそりと、金魚飼育や体調回復の役立ち、きっかけになればいいなーと思って続けたブログでした。

 

 

 

 

では

 

また会う日まで(あるかな?)

 

さようなら

 

おやすみ

 

 

Akaboshiの水槽