読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akaboshiの水槽

縁日ですくった金魚を水槽で飼い始め一年経過しました。 金魚飼育初心者のブログ

縁日で金魚をすくう③

金魚 金魚すくい 回想 雑記

金魚すくいの思い出(追記)」

金魚すくい初日の事は縁日で金魚をすくう① - Akaboshiの水槽に書いたんだけど、スピンオフ(お上手なお子様)というか思い出追記。

f:id:akaboshisan:20160707105304j:plain

屋台のおっちゃんにお金払ってから1匹、2匹と焦らずじ~っくり時間をかけてすくっていると(およそ10分くらい)低学年くらいの女の子が隣に来て、すぐさま1匹をすくう。

びっくりするほどすくうのがうまい。。強引でいてしなやかさを兼ね揃えた手つき、こやつ何者だ…とにかくスゲェって眺めていると物凄いスピードでバクバクすくっていく女の子。なぜ破れないっ!?宿敵風なセリフを叫んでいるうちに(頭の中で)あっという間に8匹を捕獲、時間にして1分だろうか。哀れな目でこちらを見るおっちゃんの視線が痛い…

そして9匹目に手をかけたところで少し破れるポイ。(金魚すくう道具の名前ね) しかし少し破れても諦めない⁉︎9匹目を強引にすくう。片側によせて難なくキャッチである。。そんな技あるのかよって笑いが出てくる。そこで思わず口から出た言葉が、

「すっごい上手だね~」

声掛け事案である。

いや、そんな、まさか、親御さんは後ろで微笑んでおられる。まだ一定の爽やかさ、滲み出る良い人感は残っていたと、そう思いたい(笑)。最近はこのくらいの感じでも声掛けは気をつけておいた方がいいのかなって心配になってくる、悲しい世の中…(実際は妻が隣にいたから声かけても大丈夫な雰囲気ではあったのですが)

いや、僕は声をかけた。僕が声をかけました。そう声をかけたのですが、幼き少女は実に楽しそうに、そして微笑みながら、ボールの中パンパンに入っていてた金魚たち全てを、まるでマグマスパゲティのように全てをリリースした。

やああああああーーーーぃ!!!

(イメージ:なかやまきんに君 マグマスパゲティ - YouTube

金魚すくい

すくった金魚をぶちまける様子に圧倒されてしまい、えーーーって声でたw(慌てましたw)。それだけすくって金魚すくいの事あまり知らない……だと……いや、なんか勘違いしてるんじゃないかな?って、

そこで確認のために「いいの!?」って聞いてみると、少女は言いました。

「遊びだからーっ!(ニッコリ」

勘違いしていなかった。

あぁ、1匹2匹に10分かけてきた自分はなんだったのかとすら思えてきた…衝撃。最近の子供ってすごく賢いなって思う子が多いけれど、その歳ですくった金魚を家に持って帰ろうとせずに遊びだって言うなんて、、そう言ってボールをおっちゃんに返して屋台を背にする少女。かっこよすぎだろIt's My Life…びっくりしたわホント。。

そこから自分の金魚すくいはというと、少女の荒業を間近で見てしまった私が、どうやら短時間で金魚すくい技術(コツ)を吸収していたらしく、お陰様で自己最高記録。(妻の応援もあり)見事な金魚すくい結果を残せましたとさ。ありがとう女の子!

おしまい

追記ここまで

 

金魚まとめ

もう纏めんのかい!いえ、雑記です雑記。まとめというか、暇なんで金魚を飼い始めて感じた事を素直に綴っていこうという話です。いくぜ。

「知り合いに金魚に詳しい人がいたなら良かった…」

金魚ブログを調べて、金魚の事について詳しくなっていく事は楽しいです。しかし、もしも!知り合いに1人でも詳しい人がいて、金魚はこうしたらいいよ!って人がいたなら金魚飼育導入部分での戸惑いは少なかっただろうなぁ…って。自分勝手ですが、やはり身近に誰かいるのといないのでは訳が違うんだなぁ…というのが金魚飼育についての正直な感想。(色んな金魚ブログを見ていて知人のアドバイザーがいる方はいち早く色々な方法で病気の金魚に対処されている場合が多いからいいなぁって事です)

ペットといえば、昔は猫とか飼ってたんです。こんな私に飼われて10年以上生きてくれた猫がいたんですよ。猫が比較的に飼いやすくて丈夫な生き物だったのかもしれないけど、大事に育てることが出来ていたと思う。だからというか、、無駄に命を捨てる様な事はしたくないし、生き物を飼うって事にはチャンスとか運はないと思うんです。が、うまく言いたい事が自分でもわからない、言葉にならないような気持ちがあるんです。自分のコミュニケーション能力の低さ、人との出会いの乏しさを呪うような。金魚飼ってる人と知り合ってさえいれば!

今は連絡なんてとれない状態だけど、一昔前に金魚問屋?の息子と知り合った事がある(お祭りの金魚を卸しているようだった)その記憶が地味にボディーブローの様に効いてくる。勝手だけど、今話せたら最高のアドバイザーになってくれただろうなぁ。

「でも、金魚飼うのは今の時代で心底助かった。」

これは色んなブログを見ていて本当に今でよかった思うようになった。何度も飼育に失敗していたから金魚飼う事を避けていたけど、今は検索しながらでもなんとか飼っていけそうな感じになってきたから。名も知らぬ方々のブログを読んで、知り合った訳ではないもののブログを書いている沢山の人たちの経験を知ることができるし、情報をあつめてから正しい知識か更に調べられる(ここ重要)メンテも観察も大事。自分が情弱な部類だとしても金魚のためになんとかしてやろうという気持ちがあれば、ある程度答えに近づけるものなのかと金魚に教わった感じである。命の勉強。※書いてみて自分でしみじみ。モチベーション維持効果に期待。

さぁ、水替えしよっと。

 

おわり

www.youtube.com