Akaboshiの水槽

縁日ですくった金魚を水槽で飼い始め一年経過しました。 金魚飼育初心者のブログ

金魚の病気に思うこと③

 

akaboshisan.hateblo.jp 

先日購入してみたフラジール

現在我が家の金魚たちは特に病気の症状が無い状態だと思うのですが、、予防として水槽に投入してみた。今回購入したのは500mgの錠剤f:id:akaboshisan:20160704052123j:plainこちら

使用する分量は調べた感じだと38L(1ガロン)に対して250mgらしい(正しいかはわからない)、我が家の水槽もほぼ1ガロンだったので、とりあえず少なめに始めようとまずは錠剤を1/4にカット(大体125mgですね)細かく潰す。後に、水替え1/3する際のバケツ内で粉にした薬を溶かしてから水槽に投入してみる。粉が水に完全に溶けるまで15分程かかる。

 金魚たちの様子には全く変化なし!

びっくりする様子も何も無し!効き目がイマイチ実感できない状況だけど、ひとまず見る限り金魚には刺激少ない薬なんじゃないかな?と思えて安心する。

その後は水の入れ替え頻度と再投入の仕方を検討。人間で1日500mgを7~8日続けるような薬みたいなので…弱め、弱めに

初回の投入翌日に1/3水替えで再度フラジール1/4投入(若干濃度高めでも大丈夫そうだと確認)

2回目以降は3日毎に1/3水替え&フラジール1/4投入×2回

水替え時の薬の量とか細かい事まで考えられないので、、薬浴の薬の量が多くなり過ぎないようにと、とりあえずはこんな感じで1錠使い切った。金魚の調子は良い感じ。水温が上がってきたせいもあるのかもしれないけど、皆すこぶる元気。

タブレット錠はすぐ溶ける

胃にやさしいのに早く効く、半分のやさしさでできている等、解熱・頭痛薬でおなじみのフレーズ&溶けるイメージ映像。本当に錠剤って水に入れたとたん結構な速さで粉になるんだね…と思い知らされる出来事。最後のフラジール1/4錠を投入する際、潰さないでそのまま入れたらどうなんのかな?って気持ちで外掛けフィルターの中にタブレット状のまま入れてみたら粉になったフラジールのせいで水槽内に雪が降ったみたいになって焦る。それを見て食べる金魚たち…更に焦る。でも、薬を食べさせないと体内の病原菌には効かない事もあるみたいだし、、と、焦りながら祈る!(みんなごめんね)しかし問題なし。本当に何も変わらない。効き目があるかまだわからないけれどこの状況は、もし病気の初期段階で試す事になった時を考えると安心して使えるなーという感想。(個人的な意見です)

粉状になるのは早くても、上に書いたように水に溶けて見えなくなるまでに15分程はかかる。金魚の話ではないけど、頭痛持ちで個人的に頭痛薬が効いてくるのは大体30分後だと感じていた。今回水槽への投薬を見て、これにはかなり納得するものがある(笑)

そして、残りが19錠!

観パラDなんてあっという間に無くなってしまったけど、まだまだ大丈夫。これで効き目があるなら、欲しい時にすぐ買えないのは難点だけど、むちゃくちゃコスパ良い気が。まぁコスパより効き目だしこれが駄目ならまた違う何かを使うかもしれないけど。。今後もし病気が出て、原因が原虫っぽい症状の時は、とりあえず処方の仕方は今回を基本に試してみたい。金魚救えるといいんだけど。