読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akaboshiの水槽

縁日ですくった金魚を水槽で飼い始め一年経過しました。 金魚飼育初心者のブログ

金魚の病気に思うこと②

金魚 回想 金魚の病気

縁日の金魚が白点病。のつづき

 

akaboshisan.hateblo.jp

 

見た目ではよくわからない状況からなにをしたらいいのか調べて、2日ほど金魚を観察していると他の金魚にも1つ2つと白い点が出てきたように見える。病気の金魚は隔離する事が基本のようなので別の容器に移してみる。(塩浴です)隔離を実践してみたものの良いのか悪いかすぐに判断がつかない。

じれったい。でも、

幸い、3日ほど経過したところで初めて隔離した2匹のうち1匹から白点が消える

回復したと見られる1匹をメイン容器に戻す

翌日残りの1匹からも白点が消える。同じくメイン容器に戻す

戻した所で他の金魚に白点が出たので隔離(塩浴)する

「出口が見えない」

このパターンを4回ほど繰り返した所で最初に回復した1匹が弱って死んでしまう。回復する金魚としない金魚の違いがわからない…さらに色々調べる。

ここで覚悟を決めて水槽を購入。f:id:akaboshisan:20160507024910j:plain※何も無く寂しいので陶器の小僧を入れてみたり(シュールでした)

駄目かもしれないけどもう少し金魚をよく観察したかったのと反省を込めて購入しました。一緒にメチレンブルーも購入。隔離で使用してみる。また、白点病は寄生虫である事を知ったのはこの頃。最初は塩浴+メチレンブルーを試す。続いて白点が出てしまった3匹を交互に隔離。数日後2匹は回復、1匹が死んでしまう。参考にした金魚ブログではうまく回復しているのに、なぜ(涙)また調べる。

「一日中水槽を眺めるように、俺はなる」

塩で治ったケースとメチレンブルーで治ったケース両方あったような結果で、対処をするにも臆病になってきてしまった。死んでしまった金魚には申し訳ないんだけど、これが飼育の一歩だと少し気持ちを強く持って、良い事してやろう。そう決めてヒーター追加。(25℃固定)と同時に知識として寄生虫のサイクルと金魚のストレスについても少し考えるようになる。この時で白点病の金魚は3匹。

メイン水槽には鷹の爪をティーバッグに入れて取り付けてみる。f:id:akaboshisan:20160507025748j:plainティーバッグ鷹の爪にご乱心の様子(辛くないのか…)

「1ヵ月後…」

塩とメチレンブルーを比較すると塩浴の時の方がまだ元気そうなんだけど、根本的に寄生虫がなくなるか少なくならないと終わりが見えないと思ったので、隔離した2匹は塩を加えるのをやめてメチレンブルーのみに変更して白点が消えてもすぐにメインに移さないようにする。薬浴をやめるタイミングが悩みになってきたころ3匹共に白点が消え5日経過。

まだ元気ありそうだ!

消えたのにまた出るんじゃないか?5日で足りるのかも不安なんだけど、薬浴や移動の負担も心配で恐る恐るメイン水槽に戻す。

なのにこれもまたしくじる…戻して2日は問題は見られなかったけど、3匹中1匹に白点、もう1匹の様子がおかしい状態になる。(餌を食べない、背びれが寝ている、沈んでいる状態)すぐ白点の金魚は薬浴に、様子がおかしい金魚は塩浴に隔離してみましたが駄目でした。

「11匹が6匹に」

ひと月でお手上げ状態になりました…元気な金魚が弱っていくのを見るのは辛い。もう頭の中は全滅の可能性が振り払えない状況でかなり落ち込んでいましたが、金魚の病気についての検索は続けていて、水槽の金魚を見ながらひと月振り返ってみました。

「駄目な飼い主でごめんね」

なんとかしたい気持ちのあまり触り過ぎていたかもと振り返る。ここまで来てしまったら元気なうちは精一杯可愛がろう。そこで決めたのが一旦隔離をやめてメイン水槽だけで様子を見ることにする。薬浴についても劇的な効果がみられなかった事もあり使用を避ける。駄目もとで水温だけで対処してみる(25℃から28℃へ)妻にはこれで経過をみてだめだったらすまんと言って水温を徐々に上げる。

25℃超えると金魚がめっちゃ元気なのにびっくりする。

泳ぎが全く違うというか泳ぎまくっているように見える。

なんかうまくいきそうな気配が漂うけど慎重に観察を続けた結果、

この方法でなんと白点が出なくなりました。水温すごい(祝)

一応これで、白点病の症状は治まっていてそれは嬉しいのですが、もっと早くこの方法を実践していれば…やっぱりこう考えてしまいます。調べていてわかりましたが金魚の病気も様々で対処も多様でした。この年になって、金魚をすくって、一か月でこれほど命の勉強をするなんて思ってもみませんでした。。

以上、今回はここまで

 

ーーあとがきーー

恥ずかしい話、金魚に限ってはもっと万能な薬があると思っていました。阿保です。馬鹿だった。「思うこと」なんてタイトルつけてますが、、

思うこと、それは懺悔です(-_-;)…許してくれ~って今でも思います。原因が白点病で亡くなってしまったのか、不慣れな水替えでストレスを与えてしまったせいなのか(ここが大きな原因だと思っていますが)実際のところ振り返ってみても分からない部分は多いのですが、水槽を見続けたり金魚の観察をしていたおかげで勉強できた事も多く、金魚のストレス・体力って事を念頭に今後の手入れ等も気を付けていきたいところ。

眠いのに書き始めたら思いのほか長くなってしまった。ここらでおしまい。 

次回、このブログの名前でもある 赤星 登場

金魚飼って2ヵ月経過した記念

金魚を買いにアクアショップに行くの巻 です